« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

自分自身に関するメモ書き

後で読み返せるよう、記録として残しておく。
色々な意味で「痛い」内容となることが想定されるが
あえてここに晒すことにする。
【 】内の記述は、某タウンがらみだったり
自分しか分からない設問が書かれているが仕様。
(記録であるため、コメント欄はロックさせていただいた)

思いつくままに脈絡なく書きつづる。

【どんな風になったら満足するのか】
まだビジョン見えず。
きちんと毎日仕事ができて、趣味もそこそこできれば
…といったところか。漠然としすぎている。

【本当のところ、自分自身に対する感情はどうなのか】

悪い感情しかない。これほど信用ならんものはないとも思う。
存在自体が「ありえない代物」であり、何かの悪夢と日々感じるばかり。
もしかしたら、過去に傷つけたかも知れない人が
見ている悪夢なのかも知れない。

【本当の自分て何よ?】
その時の感情で動き、公私共失敗続き。
その割に教条的な面もあり、
色々な面で偏りと歪みが見られる。
つい最近まで「理性でコントロールが云々」と
なんだか痛いことを漏らしていた。
その時の感情に流されず、理性に従い行動したい
…という理想像があった故に。

理路整然として分かりやすい話し方や文章を好む傾向あり。

【じゃあ理性って何だよ】
言い方が相当悪いのがアレだが、
結局は「論理的であれ」ということらしい。
論理と理性が混同されているあたり、もうアウトであろう。

【相手からどう思われたいと願うか】
月並みな一般人レベルで充分。「ちょっぴり変な人」どころか
完全に「変な奴」認定がおりているのはリアで確定。
「ネタ出し」に関しては…「おもろい奴」と思われたいのだろうか。
自分をよく見せたい、という思いは「無い」と言ったら嘘になるだろう。
やはり少しはそういう面もあるように感じる。強くはないが。

【ネタ出し、手芸その他は何のため?】
これは自分が楽しみたいから。これに尽きる。
ネタ収集の励みであり、原動力でもある。
ツッコミでも何でもいいので、誰かからコメントがついたら
ラッキーだと思う。更に探す意欲が出るというもの。

【やり直したいところや時はあるか】
できることなら、生まれる前からやり直したいところ。
ただし「やり直せたところで結果は同じ」と感じている為
(自分自身が今と同じなら何をしても変わらないから)
あからさまに表明したことは過去に一度もない。

【どんなことに関して怒りを感じるか】
・自分の行動を「必要以上」に束縛するもの全て。
言うまでもなく、公私の使い分けはきっちりしているので
プライベートな事柄にのみ限定される。

・妄想や思い込み、その時の感情等だけで突っ走り
なおかつ他人に理不尽な言動をする人間。

・上から更に発展し、無関係の人間に
あることないこと吹きこんで巻き込んだ挙句、
巻き込まれた人、理不尽な言動で困らせた人を
悩ませるような人間。

・ギャル文字や「ぁたしゎ」的表記をいいトシこいてする奴。
最低限のマナーやルール、モラルがないのも嫌い。

・ネット上での付き合いなのを良いことに
交友関係を断てば全てリセットできると信じている
ありがたい頭を持つ一部の人間。

・簡単な会話のキャッチボールすら成立できない人間
あちら側ばかりしゃべっていて、
こちら側からのレスポンスを聞いてもらえない場合。
言いたいことだけ言って、後は沈黙…だとチャット時は困る。
更に書いてしまうと、コミュニケーションが成立しないと感じると
「つまらない」カテゴリーに入り、「どうでもいい人物」認定する傾向あり。
怒りのカテゴリーに入っているが、実際は「なんだかなぁ」程度。
こちら側の不備や諸々の勘違い、思い込みもある故に
判断は慎重に行いたいと常々思っている。

【蛇足:某E?氏に対する感情について】
当時の記憶が断片的にしか思い出せない為、
「おそらくそうであろう」ということしか書けないが…
彼が自分から離れたことに対し、
激しいショックを受け「裏切られた」と
心のどこかで思っていたのだろう。
お互い、どこまでも自分本位で自己中心的。
これが根底にあるのは間違いない。

耐性がなさすぎる、とも言えるがそれは事実。
高校生くらいまでに体験していなければならないであろう
対人関連の事象にもあまり触れていなかった。
リアル友もネット友も少ない。そこもネック。
あんなに仲良くしてたあの子が…と悩む時期があるのだろう。
ただ、自分はそこで目をつぶり、シャットアウトしてしまった。
その「ツケ」が今になって返ってきているものと思っている。
目をつぶり、シャットアウトしたのは
まぎれもなく「自分自身が選んだ選択」であるのだから。

なお、今年の1月頃から彼の「観察」はやめている。
それぞれ、別の世界にいるということを再確認できた為だ。
過去に受けたかもしれないことに関しては
恨む気持ちは当初から持ち合わせていない、と思いたい。
つまらぬ人間に対し、精神エネルギーを無駄遣いするほどの
キャパシティは持っていないから。
怒りや恨みはエネルギー消費がとても激しいのだ。

【その他】
後日追加なり修正なりが加わるかも知れない。

読了、三銃士

結局、ロシュフォールの登場が

少しだけということが判明しました。

原作ではすんごく紳士的ですヨ(笑)

(新・三銃士版もカッコ良くてけっこう好きだったり)


しかし…コンスタンスがものすごくかわいそうだったな。

かっさらわれた後、やっと再会できた時には

ミレディーに毒を盛られて…ぐすんつД`)

当のミレディーは後に再度捕まって

簡易裁判の後、斬られています。

往生際悪いのはお約束、ですかね。


ちなみにコンスタンスの亭主(ボナシュウ氏)はそのことを

知る由もなく、ルーヴル宮へご機嫌伺いに出かけたまま

それっきり行方が知れないと最後にさらりと書かれてました。



昨年に確保しておいて放置しておきながら

読み終わるのはあっという間だったというか。

少し名残惜しい気がしています。

こんな気持ちになったのは久しぶりです。

来月は小説 フランス革命の第5巻を

ネタにできるならしてしまおうと計画中。


昨年からかもしているあれやこれを

少しずつ消化していこうかしら。

古書ネタも拾っておきたいし。

どれから手をつけようか、少し楽しみではある。

下巻を半分以上読み進めた状態です

昼ごろから、あわてて原作「三銃士」の続きを読んでいました。

(ちょっと前にちと飽きて編み物してたけど…/爆)


イギリスへ渡ったミレディーが義理の兄に捕らえられ、

新大陸へ流されることになったあたり。

何とか脱出しようとして、番をしている士官を

丸めこむ工作をしているところまで行きました。

肩についていた「百合の印」の真相に迫っています。

(アトスとダルタニアンにはバレているあれ)

いいとこのお嬢さんなのかとばかり思っていたら

まさかあんなことがあったとは(滝汗)


どういう終わり方をするのか

ますます気になったので、

これからまた読みにいってきます。

だだすべり

某タウンにUpしているブログ記事が

最近とみにだだすべりの様相を呈しています。

理由は簡単。うまく書けていないから。

そんでもって、中身もアレですし…(^^;


どうにもこうにも、スランプ気味でしばらくはダメそう。

編み物ばかりしてないで、ネタの収集に励めと

…頭では分かっているんだが…ついチャットしてしまう(爆)


ひと眠りしたらネタ探しじゃー!

だからさっさと読めというのに

ウダウダ、のんびりしていたら、

新三銃士と原作読み進め途中の部分と

見事にバッティングしてしまいましたdown


コンスタンスがさらわれてるよ!

しかもダルタニアンは枢機卿と面会しとるし!!

その後、ラ・ロシェル攻略のあたりで

中途半端に原作読むのをやめていたというか。

例によって編み物してたんですよね。

(フェ*シモのキットが届いたんだもん)


下巻の冒頭あたりでストップしていることもあり、

原作版ロシュフォールをまだ確認できてません。

とりあえず、キット完成したらすぐ原作チェック。

ちと急ぎ足でいかなくちゃだわ。

本の値段は高いか安いか

書籍紹介のノリで、ココログのレビュー機能を使うことがあるのだけれど。

いつも値段の部分で考え込んでしまいます。

私が取り上げる本は総じて高額の部類に入る。

金持ちだから買えるのではなく、

好きなジャンルの本は価格が軒並み高いから。

安い、高いの線引きがとても難しいのですよ。


「これを逃したら後がない」ものと

「値段の割に大したことない」ものの線引きは

各人の好みと判断に委ねられるもの。

なので、値段に関してはあえてイマイチ風な評価をすること多々。

余裕があるなら見てみてね。もしかしたら図書館にあるかも?

とまぁ、こんなスタンスでいます。


あくまでも参考文献紹介がわりだしな…うん…

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

編んでみた/作ってみた

  • はなびし(その2)
    気の向くままに編んだもの、作ったものの収蔵庫。 ドイリーやモチーフばかり編んでいます。 編みものはクロッシェとタティングの2本立て。 それ以外ではドール服やビーズ、刺繍が少しずつ。 (3枚ほど製菓ネタ混じってます)

24 Snowflakes in Tatting

  • 12月12日のモチーフ
    24 Snowflakes in Tatting というテキストのパターンを 解読して編んだ結果を記録していくアルバム。 24種制覇なるか?!

パイナップル編み

  • エンゼルフィッシュ
    パイナップル編み単体のアルバム。

デラックス版 ゴールデンレース編み

  • はなびし
    『デラックス版 ゴールデンレース編み』を見ながら 実際に編んでみたものを集めています。

    【参照テキスト】 デラックス版 ゴールデンレース編み (日本ヴォーグ社/1973年刊)

愉快なレゴブロックの世界

  • 素敵な小物パーツ
    LEGOブロックのミニフィギュアや動物のコレクション集。 幼児向けの「デュプロ」関係も混じっています。

我が家のシルバニア

  • シルバニアサイズの浴衣
    シルバニアファミリーの 家やパーツ、人形を使って遊んでみた。

その他もろもろ

  • 東京駅 南ドーム
    手芸と関係ない画像はこちらにまとめる予定。

Blogram

無料ブログはココログ