« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

海外パターンの楽しみ方

海外パターンは色々な意味で「あたりはずれ」が激しい。
そのあたりのスリルも楽しんでいます。
ネット上にあるパターンだけでなく、
あちらのパターンブックにも同じことが言えるでしょう。

字面だけ見てオシャレだと思ったものの
完成画像を見て茫然となることも。
好みのデザインはなかなか見つからないもの。
ハズレもまた楽しと割り切るのが吉。
「そうくるか」と唸るデザインもあって面白いものです。

いかにも!手作り感も味わい深い。
国内じゃなかなか味わえないと思いますヨ。

【実際にあった一例】
「レース・スパイダー」の字面だけ見て
クモの巣パターンだと勘違いしていたら、
タランチュラ型のクモを編むパターンと判明。
きっとハロウィン用モチーフなのでしょうcoldsweats01

無事確保

『フイヤン派の野望』を無事に入手できました。
ジロンド派の攻防は再来年刊行(予定)ということは
だいぶ以前にも書いたので今回は触れません。
5巻目を早々に読み切ってしまい、
中身の大半を忘れ去っている自分がいるというのはヒミツbomb

明日の昼間、ゆっくり読むことにします。

フイヤン派の野望 小説フランス革命6 (小説フランス革命 6)

      
フイヤン派の野望 小説フランス革命6 (小説フランス革命 6)

著者:佐藤 賢一

フイヤン派の野望 小説フランス革命6 (小説フランス革命 6)

【手芸】今しがた気付いたこと

綺麗に仕上がらなかったものが
一気に出てくるようになってしまい、
どうしたものかと少し悩んでいました。

昨日手に入れたテキストのおかげで
原因が少し分かってきたものの。
あれもこれもと「欲張って」いたような気がします。
少しペースダウンしようかしら…

版元変えての再販に感謝

前々から気になっていた、聖光院 有彩氏の
タティング本を昨日手に入れました。
80番/100番レース糸(DMCのアレ)を使った
繊細で優美な作品が多く、とても気に入りました。
とにかく美しいのです。

載っているテクニカルガイドも詳しく、
丁寧なところもとても高く評価しています。
ただ、全体的に記述が詩的表現に傾きすぎる
きらいがあると感じています。
ただしこれは自分の主観なので、
テキストの価値を損なうとというものではありません。
むしろ、タティングやるなら1冊持っておけ!
あると色々な意味で便利です。
英文パターン解読の一助にもなること請け合い。

【テキスト】

      
タティングレース 新しい世界 A new approach to Tatting

著者:聖光院 有彩

タティングレース 新しい世界 A new approach to Tatting

安かったんだもん ●3点

よせばいいのに、タティングのモチーフ編み
ペーパーバックパターン(英文)に手を出した。
ドイリーは色々面倒そうだったので
雪の結晶モチーフをチョイス。

中身を少しだけ見てみたけれど、
編める(解読できる)気がしないのは何故だろう(笑)
今編んでいるものが仕上がったら試してみるつもり。

Book_tatting001

海外のフリーパターンを使う際の注意事項

徹底解読に成功した「クロッシェレース」を例に、
フリーパターン使用時の注意事項を。


【利用する前にやるべきこと。あるいは前提条件】

・クロッシェ中級者(もしくはそれに準じる)であること
 大昔の不親切な編み図にある程度慣れていて、
 それを見ながら30センチ台のドイリーが自力で編める。
 そこが目安かなと個人的には思っています。
 次のアクションに対する類推が働くようになれば合格点。
 3つ巻き長編みや長々編み3目1度あたりが普通に出来れば
 もう言うことなし!です。

・ある程度、日本語の文章力を持っていること
 これはどういうことかというと、海外パターンには
 日本で言うところの「編み図」がほとんどありません。
 編み方は段ごとに全て文章で書かれています。
 その簡単な一例を以下に挙げておきます。

 “work 11 sc over ch-9 loop
 scはsingle stich、chはchainの略。
 前者は「細編み」で後者は「鎖編み」。
 ch-9 loopの上(over)に11scを編む。
 これをもう少し文章としての形を持たせると、
 「前段の鎖編み9目の山(ループ)に細編みを11目編む」
 …という形に落ち着きます。

 どんな編み方で何目編むのか。
 自分自身に説明できるだけの力が欲しいところ。
 最初に書いた前提条件が満たされているなら、
 8割までこの課題はクリアできているものと思って良いでしょう。

・英語のかぎ針用語を解説しているサイトを見つける
 これは自力で探してみましょう。これも立派な「課題」。
 検索かけて調べられないと色々な意味で厳しいです。
 (解説サイトは割と簡単にみつかります)


【海外サイト利用時の注意事項】

・サイト名やデザインした人の名前を控えておくこと
 国の内外を問わず、出典を明らかにするのは必須事項。
 事情があって詳細を出せない場合は、
 「海外のサイトを見て編んだこと」を明記すること。
 あたかも自分で全てデザインして編んだかのような
 振る舞いは現に慎んでください。(まずいないと思いますが)

・元サイトがあるなら一度はたどってみること
 出典を明らかにすると同時に、利用時の注意事項がないか探します。
 「実はシェアウェア(商品)だった」というアクシデント防止にも役立ちます。
 リンクが切れていてたどれない場合はリンク集ないし
 アーカイブサイトである可能性大。(特に後者である率が高い)
 たどれなくても、パターンをデザインした人の名前は
 分かることが多いので、「○○氏デザイン」くらいは表記できるかと。

・パターンの二次配布と完成品の販売は厳禁

 国の内外を問わず、これも「やってはいけない」こと。
 元サイトに注意書きがなくてもやってはいけません。
 著作権云々というより、モラルの問題です。
 自分自身で作るためだけにパターンを利用するのはお約束。

【できるといいな、なこと】
パターン発信元に「素敵なデザインだったので気に入りました。」
という風なメッセージを…英文で書けたらいいなぁ。

タティングレースのアクセサリー

海外サイトで見つけたパターンにビーズを編み込む。

ここから全てが始まりました。

ビーズ編みにはまっている知人が運営している

mixiのコミュに投稿しようと思ったこともあって

アクセサリーを作る方向で行動開始!

だんだんエスカレートしていって、

レースやリボンも投入しちゃいましたcatface

色をきちんと揃えられたら、

薔薇乙女第一ドールっぽくなるかもしれませんねbomb

【完成品】

Bluelace_b001

【使ったもの】
・丸小ビーズ
・ドロップビーズ(丸小よりも濃いブルー)
・40番レース糸(オリムパスのボカシ。色番11)
・1cm幅のリボンテープ(オフホワイト)
・ネイビーブルーの細リボン
・花モチーフのプラビーズ2個(ダ*ソーに置いてあったパック)

・タティングレース用シャトル1個/8番レース編み針/手縫い針と糸

【すぺしゃるさんくす】
・チャートを公開していたサイトオーナー様
・ふち編みのアレンジについて助言してくれた母

納品に行ってきた ○10点

一段落ついたので、かねてからの約束通り
友人のところへドイリーを持って行きました。

ベビーピンク風なレース編みのものを5枚。
出かける直前に思いついて持ち出した、
タティングレースのドイリーが1枚。
その中から気に入ったものを、という狙い。
エメラルドグリーンのタティングドイリー(注)を
友人が気に入り、それをそのまま納品。

タティングができるようになって
本当に良かったと心の底から思った。

(注)ブリッジの練習用に編んだアレ。
「こういうのもあるんだよー」と友人に告げたところ
それがいい!と即答。
タティングものは何故かウケが良いらしい。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

編んでみた/作ってみた

  • はなびし(その2)
    気の向くままに編んだもの、作ったものの収蔵庫。 ドイリーやモチーフばかり編んでいます。 編みものはクロッシェとタティングの2本立て。 それ以外ではドール服やビーズ、刺繍が少しずつ。 (3枚ほど製菓ネタ混じってます)

24 Snowflakes in Tatting

  • 12月12日のモチーフ
    24 Snowflakes in Tatting というテキストのパターンを 解読して編んだ結果を記録していくアルバム。 24種制覇なるか?!

パイナップル編み

  • エンゼルフィッシュ
    パイナップル編み単体のアルバム。

デラックス版 ゴールデンレース編み

  • はなびし
    『デラックス版 ゴールデンレース編み』を見ながら 実際に編んでみたものを集めています。

    【参照テキスト】 デラックス版 ゴールデンレース編み (日本ヴォーグ社/1973年刊)

愉快なレゴブロックの世界

  • 素敵な小物パーツ
    LEGOブロックのミニフィギュアや動物のコレクション集。 幼児向けの「デュプロ」関係も混じっています。

我が家のシルバニア

  • シルバニアサイズの浴衣
    シルバニアファミリーの 家やパーツ、人形を使って遊んでみた。

その他もろもろ

  • 東京駅 南ドーム
    手芸と関係ない画像はこちらにまとめる予定。

Blogram

無料ブログはココログ