カテゴリー「タブレット端末関連」の記事

本を電子化してみた 後編

端末以外の道具は一切なし。本も切り刻まない。

データの集約や移動にかかる手間も考え、
Nexus7でダイレクトにPDFファイルを
作ることも決定。こちらは本体ストレージも
もれなくシビア(32GB)なので試作データは
1冊分にとどめることに。あくまでも試作なので。

試作データのために引っ張り出してきたのは
昭和30年代に刊行されたパイナップル編み(注)の
パターンブック。傷みが激しく、持ち出す度に
追加ダメージを受けるので電子化にうってつけ。
端末のカメラでページ撮影→電子化アプリで処理
という作業を二日かけてちまちまとやっていました。
ページ以外のものが写っている部分をトリミング。
印刷部分がはっきり出るように調整。アプリの
おかげで作業がだいぶ捗ります。撮り直しや
部分ズーム追加といった作業も同時並行で。

やってみて分かったことなのですが、
編み図を画面一つに収めるのは難しいです。
どうしても不鮮明な箇所が出てしまい、
これまた撮り直しの連続。初めに全体像を
写して画像チェック。不鮮明な部分は
別途ズームで撮ることで一応解決。
古いパターンは総じてサイズが大きく、
一発撮りはほぼ不可ということも判明しました。
これに関しては今後の課題といったところ。
(アプリ任せの自動補正もそのひとつ)

表紙ページのメモに書誌情報を打ち込み、
ボタン一つでPDFに大変身。個人で楽しめる
くらいにはなったと思っています。
どこの本から取りこんだパターンなのか
後で参照できるように奥付を画面いっぱいに
撮影したものも忘れずにつけてあります。

完成したデータはアプリのフォルダごと
Flashメモリにコピー。ページ写真は
PCの外付けHDDへ格納。端末には
PDFファイルのみ残す形で運用する予定。
PDFのファイルサイズが軽くなる処理が
できると完璧に仕上がることでしょう。
水面下でまだまだ続くけれど、記事には
しないかも。林檎バージョンは地味だったし。

今まで散々言われていることですが、
書籍のデータ化は当人が見るためだけに
行う作業であると同時に相応のリスクも
あることを忘れないのも大事な要素。
事前によくよく調べ、あるいは勉強してから
行うことを強くお勧め致します。


(注)クロッシェレースの王道パターンの一種。
松ぼっくり模様をひたすら編みまくって形にします。
昭和デザインのクロッシェレースは右も左もパイナップル。
筆者はパイナポー編みと呼んでいるとかいないとか。

本を電子化してみた 前編

裁断機やスキャナー等々、コストが何かとかさむ
イメージが付きまとっていた「書籍の電子データ化」。
そもそも本を解体することに対して、物凄く抵抗があって。
興味はあるけれど手出しはしていませんでした。

状況が変わったのは、Evernoteを導入してから。
編んでいたクロッシェドイリーの編み図が載っていた
ページを試しにカメラ撮影。この時点では「持ち運びが
楽になれば良し」といったスタンス。見せるものでもないし。
これが大成功!スクラップブックみたいで楽しかったのですが。
ここに来て一つの問題が出てきました。

上級アカウントを持っていないので、クラウドスペースに
余裕はほとんどありません。作っては消し、作っては消し。
その繰り返しになること必至。慣れるまで面倒かもと思い、
いっそのことPDFデータを作成することにしました。
PDFファイルなら、PCにデータを置いておけますし。
(データの最終保管先は外付けHDDとも言う)

そんなこんなで後編へ・・・久しぶりに続きます。

今年のエイプリルフールねた候補

左上腕を骨折する少し前にスマホデビュー。

Nexus7(2013)は見切り発車で導入。
気がつけば周辺機器やら、林檎印のタブレットまで
無駄に揃っていたというモバイル環境。
モバイルWi-Fiルーターがあれば完璧☆
・・・だけれど、今まで見送り続けた案件がそれ。


使用頻度が実際どれだけのものになるのか。
サービスを受けられるエリアや通信制限等々、
懸念材料がてんこ盛り。スマホのテザリングでは
カバーできない要素がけっこうありまして。
一応調べてはみたものの、どれを選ぶかで悩み。
別件で電機店へ行った際に相談してみました。


WiMAX一択というお告げが出たのが今回のオチ。


何だかんだでNexusを使い倒しているので
そろそろ導入しても悪くないの・・・かな?
(林檎Padを持ち出すことはないだろうけど)
もう少しだけ通信量の様子見をして、
最終判断はエイプリルフールまでに下したいと
うだうだ考えています。さて、どちらに転ぶことやら。

林檎Padに触れる

スマホ(Optimus G)×Nexus7×林檎Pad(第4世代)

一体何がしたいんだ!とツッコミどころが
満載なのは当の筆者も自覚済み。
スマホとNexusだけにしたかったけれど、
ゲームアプリの動作とハードの限界を
見てしまうとどうしても…ね。

OSの仕様やタブレットのスペックを
考慮した上で使い分けることに。
持ち歩きや動画視聴はNexus7で、
林檎PadはCytusとスクフェスに。

ゲーム以外の使い道も、そのうち
何か考えておこうと思っています。
(128GB Wi-Fiモデルを選びますた)
ゲーム専用にしておくには、相当
もったいない感がありますし。
ちなみに林檎Padは中古です。
定価でAir買うまではいかないというか。

次回はゲームのプレイ結果を書こうと思います。
さてさて、どうなりますことやら。

ランチャーを導入してみた

林檎Padが後日来るといっても、
Nexus自体を見放した訳ではありません。
むしろ気に入ったくらいなのですよ。
あくまでもメインはNexusです。

ランチャーを今回入れた理由は
ホーム画面のページ減らしと
画面のカスタマイズを兼ねて。
壁紙探しはいつも難航しがち。
雪の結晶・青空・星。そして青。

スマホ(Optimus)は鉱物結晶写真。
ロック画面:オスミウム
ホーム画面:ビスマス
メール画面:イリジウム

Nexusの場合、ロック画面に合わせて
星空系のグラフィックに落ち着きました。
いつ見ても飽きなくて、目に優しい
色合いが一番長続きする気がします。
「カワイイ」よりも「綺麗な」方を。
なかなか思うようにいかなないけれど、
密かなテーマとしていつもある・・・かな。

キーボードレイアウトを変えてみる

フリック入力で長文を綴るのは少し面倒。
物理キーボードを導入したものの。
キー配列通りに記号が打てないことが判明。
これに関しては取説にも注意書きと対応表が
載っていたものの、やはり厄介。

別件で調べものをしていたところ、
思わぬところで解決策発見!
キーボードレイアウトをインストールして
設定を変えるだけ。勉強不足でした(苦笑)
Nexus7導入後から、何かあると検索かけて
ちまちまいじっている状態が続いています。

だいぶ入力が楽になって、記事投稿も
はかどってくれると良いのだけれど。
肝心のネタがないという、お約束が
ここでも発動するのでありました。


(注)個人ブログを参考にしたので、
参照元は伏せさせていただきます。
(端末ごとに環境や相性も変わる為)
検索をかければ一発で見つかる・・・かも。

編んでみた/作ってみた

  • はなびし(その2)
    気の向くままに編んだもの、作ったものの収蔵庫。 ドイリーやモチーフばかり編んでいます。 編みものはクロッシェとタティングの2本立て。 それ以外ではドール服やビーズ、刺繍が少しずつ。 (3枚ほど製菓ネタ混じってます)

24 Snowflakes in Tatting

  • 12月12日のモチーフ
    24 Snowflakes in Tatting というテキストのパターンを 解読して編んだ結果を記録していくアルバム。 24種制覇なるか?!

パイナップル編み

  • エンゼルフィッシュ
    パイナップル編み単体のアルバム。

デラックス版 ゴールデンレース編み

  • はなびし
    『デラックス版 ゴールデンレース編み』を見ながら 実際に編んでみたものを集めています。

    【参照テキスト】 デラックス版 ゴールデンレース編み (日本ヴォーグ社/1973年刊)

愉快なレゴブロックの世界

  • 素敵な小物パーツ
    LEGOブロックのミニフィギュアや動物のコレクション集。 幼児向けの「デュプロ」関係も混じっています。

我が家のシルバニア

  • シルバニアサイズの浴衣
    シルバニアファミリーの 家やパーツ、人形を使って遊んでみた。

その他もろもろ

  • 東京駅 南ドーム
    手芸と関係ない画像はこちらにまとめる予定。

Blogram

無料ブログはココログ